非常用食品について

非常用食品ってどれくらい必要?

確実ではありませんが、4日目くらいよりライフラインの復旧・支援物資の供給が想定されます。

3日分(9食)をご用意しておくことをおすすめします。

どんな商品を用意しておく?

水やお湯を注いで使用する、アルファー化米、フリーズドライ製品、レトルト製品など様々な製品があります。ごはん・おかず・汁物(スープ)・菓子など幅広くそろえておくことをおススメします。

震災当日は、開封するだけで使用できる調理不要な缶詰め・パン・菓子などを準備しておきましょう。

高齢者や食事制限のある疾患をお持ちの方は、通常の長期保存食・避難所で配給される食糧では対応できない場合があります。長期保存ではありませんが、介護用レトルト食やたんぱく調整のレトルト食などを、日常使用しながら常備しておくこと【ランニングストック】をおススメします。

また、震災時の食事は炭水化物中心となり、野菜不足・ビタミン不足になりがちです。

野菜ジュースやビタミン飲料なども【ランニングストック】をしておきましょう。

水はどれくらい必要?

目安としては1人あたり1日2~3L必要と言われています。

飲料水として1L+食事(アルファー化米など)や生活用水として2L程度が目安です。

飲み込みの悪い方の場合、とろみ剤や水分補給ゼリー等の準備も検討しましょう。

お問い合わせ

加盟に関するご相談・ご質問、その他商品に関するお問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。
なお、お電話でのお問い合わせは平日9時~17時までの受付になります。ご了承ください。

TEL:092-641-3153  FAX:092-641-3195

お問合せフォーム

オンラインショップ

カタログ請求

始めてご利用のお客様は、カタログをご覧になり、かかりつけ医師又は栄養士にご相談の上、ご発注ください。
ECサイト「ユースショップ」では、パンフレット掲載の商品番号で商品検索ができます。

カタログ請求フォーム

会社案内

株式会社ユース
〒812-8585
福岡市東区箱崎ふ頭3丁目4-46

  • TEL:092-641-3153
  • FAX:092-641-3195
Copyright (C) 株式会社ユース All Rights Reserved.